ウェディングドレスの種類や特徴

ブライダルプリンセス

ウェディングドレスの種類や特徴

花嫁衣装を悩む女性も多いと思いますが、ウェディングドレスの場合は種類や特徴をきちんと把握して自分の体型に合ったものを選ぶようにしましょう。
ウエディングドレスには形によって効果も異なりますから、まずは何着か試着してみてください。

たとえばウエストから裾がふわっと広がってアルファベットのAのような形をしているAラインと呼ばれるものは、背を高く見せる効果があります。
また、背が高い人やグラマラスな人にはセクシーなマーメイドラインのウエディングドレスがおすすめですし、スレンダーな人にはスレンダーラインのものを選ぶと体のラインが綺麗に強調されます。

ウエディングドレスは女性のコンプレックスを隠してくれる効果があるものも多いです。
肩幅が少し広い人には肩が隠れるオフショルダーなどがありますし、二の腕に悩みを持っている人はアメリカンスリーブタイプのドレスを選ぶといいでしょう。
さらに妊娠中に結婚式を挙げる人には、ウエストから裾のラインが直線的なエンパイアラインと呼ばれるものがあります。

ウェディングドレスをオーダーして自分だけのドレスを作る

ウェディングドレスは、式場や提携する衣装屋からレンタルすることも出来れば、自分の体形にあわせてオーダーすることも可能です。
会場や式場によってはレンタルする値段とオーダーして作成する値段にあまり差がない場合もあるので、衣装選びの際に費用を比べて検討してみることをお勧めします。
オーダーの場合は自分の体形にあわせて作成するドレスなので、世界で1点しかないドレスとなり思い出深いドレスとなります。
しかし逆に欠点として挙げられる点は、一度決めたドレスを容易に変更することができない点です。
予め仕立てられたドレスを自分用にサイズ直しする程度であれば変更が可能な場合もありますが、生地から裁断してゼロから作り上げる場合だと、作業にストップをかけることが難しくなるため、気にいったデザインが見つかるまでは妥協せず検討した方が良いドレスともいえます。
披露宴や二次会が終わったあとは買取となるため、役目を終えたドレスは自分の手に委ねられます。
そのため、自宅でしっかり状態保存をしておけば自分の子供が生まれたときに2代にわたって着用することも夢ではありません。
その際は子供の体形にあわせて仕立て直しをする必要があると思われますが、思い出の品が我が子が着用することで生き返る瞬間を目の当たりにすることもできるのです。
時代の流れとともにデザインの流行や好みの違いなどあるかもしれませんが、小物や装飾で変化をつければ何年経っても充分使用できるものだと思われます。

Valuable information

伝わるデザイン、創ります。

デザイン会社なら

無菌であることを提供し続けます。

滅菌バリデーションならおまかせ

お客様のこだわりを反映させた結婚指輪を一緒に作り上げます。

結婚指輪 大阪

2017/6/23 更新